Alphabet Q1’19 Earnings精読

Alphabet Q1’19 Earnings

Alphabet(Googleの親会社)の株を保有しているため、Alphabet Q1’19 Earningsを確認しました。そのメモです。

英語の決算書類に慣れる良い機会と思っています。IR資料を確認するのは時間がかかります。あまり多くの個別株を保有し、しっかりと決算を確認していくことは難しいと再認識しました。。

日本株にせよ、海外株にせよ、投資されている方はどれくらいしっかり決算を見ているのでしょうか。まだ力の入れどころがわかっていません。

IR資料

Alphabet IRのサイトです。
Alphabet Investor relationship

プレスリリース(決算サマリー)です。
GOOG Exhibit 99.1 Q1 2019

10-Q(米国の四半期決算書類)です。
GOOG 10-Q Q1 2019

トランスクリプト(カンファレンスコールの筆記録)です。
2019_Q1_Earnings_Transcript.pdf

カンファレンスコール動画です。

カンファレンスコールで気になった部分

QAより

有料クリックの伸びについて

Doug Anmuth (JP Morgan): Yep. Thanks. Sorry about that. So two questions. Just
following up on Eric’s on the revenue growth, Ruth, can you just give us a little bit more detail on the paid click growth, the decel that we saw to 39% from the 50s and 60s last year, if that’s just a comp issue or something more specific. …

Q概要:有料クリックの伸びについて。昨年の50~60%台から39%に減速しているのはなぜか。比較の問題か、それとも特定の理由があるのか。

decel – decelaration、減速

comp issue – 比較の問題?昨年の結果が良すぎたため、昨年度の比較で今年度が悪くなっているのか、という質問だと思います。

Ruth Porat, CFO Alphabet and Google: OK, so starting with clicks and CPCs, as we’ve
discussed on prior calls, the biggest driver affecting both CPCs and click trends is YouTube engagement ads, with YouTube clicks representing the vast majority of total clicks. And so while YouTube clicks continued to grow at a substantial pace in the first quarter, the rate of YouTube click growth decelerated versus what was a strong Q1 last year, reflecting changes that we made in early 2018, which we believe are overall additive to the user and advertiser experience. …

A概要:CPC(Cost per Click)とクリックのトレンドを牽引しているのはYouTube engagement adsで、YouTubeのクリックがクリック総数の大多数を代表している。19Q1のYoutubeでのクリック数は大幅に増えたものの、強かった昨年のQ1と比べて有料クリック数の伸びは減少。2018初期の変更を反映したもので、ユーザーと広告主にとって付加価値となると考えている。

  • この「変更」は不適切な動画や広告を削除したりYoutuberへのガイドラインの厳格化、広告表示のアルゴリズムを変える、つまりYoutubeの社会的な影響を鑑みてYoutube上のコンテンツの質を上げる、といったことかと考えています。

単語帳

以下GOOG Exhibit 99.1 Q1 2019にあった英語の単語を調べたもの。

  • Diluted – 希釈した
  • Other Bets – Googleの本体以外のGoogleのproject(techcranch記事)
  • reconciling – 調整した、一致させる。Non-GAAPの数字をGAAPの数字に直す際にReconciliation of Non-GAAP to the nearest GAAP figuresなどと使っている。
  • Undue – 過度の、必要以上の。Undue reliance should not be placed on the forward-looking statements…
  • Cost of revenue – 売上原価。Googleだとエンジニアの給与、サーバーなどだろうか。
  • General and administrative – 間接部門費用
  • Depreciation and impairment of property and equipment – 設備の減価償却費及び減損
  • Amortization and impairment of intangible assets – のれんの償却及び減損
  • Gain on debt and equity securities, net – 債権及び株式からの利益
  • Income tax, net – 法人税
  • Accrued expenses and other expenses – 未払い費用及びその他負債
  • Accrued revenue share – 未収収益
  • Deferred revenue – 繰り延べ収益
  • Purchases of property and equipment – 資産、設備の購入
  • Proceeds from disposals of property and equipment – 有形固定資産の処分による収入
  • Maturities and sales of marketable securities – 有価証券の満期及び売却
  • Net payments related to stock-based award activities – 株式ベースの報奨活動に関する純支払い(ストックオプションの支払い?)
  • Proceeds from issuance of debt, net of costs – 負債発行による収入、費用控除後

コメント